何歳までお世話になるのか

小児科というと小さい子がかかるイメージがありますが、実際は中学生までが対象となっています。
実際に足を運ぶとあまり大きい子がいない為、大丈夫かな?と不安になるかもしれませんが…。

大事な乳幼児健診

乳幼児健診とは赤ちゃんに行う検診であり、主に小児科で行われています。
子どもの所在を把握する為にも行われているので、きちんと行くようにしましょう。

予防接種はしっかりと

はしかや日本脳炎など、日本では子どもの内に行う予防接種がたくさんあります。
これらは小児科で行われているので、親が連れて行く必要があります。
また、乳幼児健診と予防接種は母子手帳を持参する必要がある場合がほとんどです。

最近の注射事情

注射というと「痛い」というイメージがある為、子どもは打つ前から大泣きしてしまいますよね。大人でも苦手な人がいるほどです。
しかし、注射というのは上手な先生や看護師さんが打つとほとんど痛くありませんし、小児科の場合は痛みの少ない細い針の注射を使用していることが多いんです。

健やかな成長のために

最近はメンタルヘルスが重要視されるようになり、子どもの心のケアも積極的に行われています。
小児科でも子どもの心の病を治療する為に様々な取り組みが行われています。

Comments are closed.